FC2ブログ

お洋服

2010/03/10
画像はシャルロットゲンズブール。

彼女にであった時を今でも覚えている。
雑誌、オリーブにて、「なまいきシャルロット」の
映画で紹介されていた。

パリジェンヌと認識している要素は
自分らしいファッションの着こなしができること、というのがある。

最近わたしは、誤解をおそれずいうと
好きな服がない。街へ出ても欲しいと思う服がないのです。
これは実は、結構な悩みです。
元々、家の中の物にこだわるので
家の外に持ち出すものへのほうが
執着は薄い。でも、気に入るとひつこい。

10代や20代は勢いでお洋服を買えていましたが
最近は、すごく自分の目線の基準が厳しく
素材、丈、着心地、コーディネートの幅などなど、もしかすると
服を買う上で当たり前のことかもしれないですが
求めている服に出逢えないんです。

そういうとき、いつもなぜかシャルロットのことを
思い出します。パリジェンヌは
工夫をして自分らしいおしゃれを楽しむ。正直、パリジェンヌは
ケチですから、お金もかけずおしゃれを楽しみます。
よし、私も手持ちの服をリメイクしたりしよう。
自分で作った服を新しいコーディネートで着ようと。
新しい目線になれば、服はどうにでもなる。
服は着こなしだからと。小物で本当にどうにでも着こなせるから。

好きな服が無い中、服への興味が
薄れると思えば、それがかえって
興味をもつ結果となる。不思議な現象です。


スポンサーサイト



comment (0) @ 日々のつぶやき
不毛地帯 | モタモ15周年記念雑貨特別セット販売について

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する