100年前のかけら

2017/06/22
先日の骨董市では、偶然お友達のさよたんと
さよたんのお友達に会いました♪
そのあと、びっくりのエピソードがありました。

広い広い会場で、私は5枚の玉虫色とゴールドの素敵なお皿を買いました。
モタモでも以前カップアンドソーサーを販売したものです。
フルーツ皿5枚。
その横にお皿も5枚。
お店の人に、お皿もいかが?と言われたけど
あまりに重いものがかさばるので
フルーツ皿のみ買うことに。↓右のお皿。
IMG_2847.jpg

夕方、さよたんからメッセージがきました。
「不思議な事に不思議なお皿を5枚お店の人があげるよと言われて
5枚もらったので、お友達と2枚ずつわけたよ、里加ちゃんにも一枚
貰って欲しい」と。そして画像を見て鳥肌です!
私が買わずにおいた、あのお皿です。
なぜ〜〜〜??あんな広い会場でわざわざこんなふうな
ことがあるの〜〜〜???

さよたんとお友達にも2まいずつ私のフルーツ皿を
プレゼントすることに。これで、みんながちぐはぐなく
セットで持つ事ができる。次の日には、お渡しをかねて
ランチしてきました。
さよたんとはいつもいっぱいいっぱい夢の話をします。



前回、布包みをしてくださったお店で、
前回気になっていたお皿を。
IMG_2825.jpg
IMG_2832.jpg
2枚とも、縁起物ですね。
どのデザインも無駄がなくて、たのしいです。




自宅でステンドグラス工房スペースを作りました。
とうとう、・・・・・な場所に(笑)
小さなスペースですが、今の私にはじゅうぶんです。

ペンたてのようなものを、作ります。
本当にペンを立てたらきっとつまらないけど。。。
いえ、それとも、とっても贅沢なペンたてに
なれるのかもしれません(笑)
IMG_2837.jpg
IMG_2839.jpg
私だったら、試験管とか、中に小瓶をいれて
お花を飾ったりにしたいな。


100年前の贈り物
海からの贈り物
ひとつきりの贈り物
ふたつとない作品に
活かします
IMG_2850.jpg
これら(かけらや、シーグラス)を活かす事が
ステンドグラスをしたいなと思った原点です。

さて、どちらが1号でしょうか?
2号目は、1号を越えられない気がして
うーん。。。ってなりましたが
出来上がるとどちらも甲乙つけがたいです(自己評価)。
IMG_2858.jpg
IMG_2859.jpg

このガラスがすごく好きです。
このガラスは光に透けるより透けない方が色っぽい。
シーグラスもこっそり入れてるのです。
IMG_2861.jpg

1号さんはこっちです。
IMG_2862.jpg

小物は、光が透けない事が前提。
なのでそのままガラスを見て、綺麗なものを使う。
IMG_2844.jpg
私が作りたいもののイメージが
作品をひとつ、またひとつと作るたびに
現実に形になってゆくのがとてもたのしい。
自分がいままで歩んできた路や、今までの遊びや、好きな事が
制作に活きる瞬間がやっぱりうれしくて
大きな想いが膨らむのです。
そんな想いを作品に表現できているのか・・・
いろんな事を想いながら手を動かすので
すごく制作に時間がかかる時期ではあります。
でも、たのしい。
長い時期、いわゆるスランプ?の時間を過ごしました。
でも、やっぱり無駄ではなかった。
長い事、物を作っている人生ではそんな時間があっても
当たり前なんだな。


モローの勉強もしたくて、本も取り寄せ。
今月は半月ぶりにかなり本が増えました。
私は読む時に本を買いません。
出会った時に買っておきます。
読むタイミングはそのうち訪れてくれるのですから。
IMG_2838.jpg
スポンサーサイト
comment (0) @ 新作情報
古城のイメージでのドールハウス | タイトルなし

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する