FC2ブログ

タデウシュ・カントル生誕100年記念の 展覧会

2015/09/26
今日は両国へ。
92615005.jpg
92615009.jpg
と、いっても、お相撲観戦じゃないよ〜笑。


タデウシュ・カントル生誕100年記念の
展覧会へ、山本じんさんとおじゃまします。
今日はじんさんの立体作品を拝見できます。
92615002.jpg
92615003.jpg

会場作りも少しお手伝いしました^^。
92615004.jpg

会場へはこんな所をあるきます。
92615008.jpg

会場に行く前に庭園へいき、じんさんが下調べしてくれていた
カフェでお茶しました。
92615007.jpg
じんさんは、私がオーダーしたカフェラテの
♥️を「お尻だ〜」って笑われていました笑。

オープニングパーティにも参加させて頂ました。
展示の内容もとても素晴らしく
ぜひ興味を持たれた方にはご覧頂きたいとおもいます。

※タデウシュ・カントルさんはポーランドの方で
演出家、画家、造形作家と多才に活躍されたそうです。
1975年の初演「死の教室」をはじめ、20世紀後半、
世界の演劇に衝撃を与えたとDMに書かれています。

山本じんさんが30年ぐらい前に制作された
お人形が2点展示されています。
じんさんの作品に圧倒されてかえりました。
じんさんの描かれる銀筆画は空気中の硫黄と
画面上の銀が化学変化してセピア色になるそうなのですが
このたび展示されている、大きな銀筆画は
すでにセピア色へと色を変えていて
その色合いの美しい事、セクシーな事!
私の所にきた、あの子(絵)も
時間をかけて色を変化させていくのだとおもうと
もうなんとも言えない、胸をぎゅっと掴まれる様な
気持ちがしました。
スポンサーサイト



comment (0) @ おすすめ
ここに来たらショコラショー | ピアノが15歳になりました☆

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する