FC2ブログ

明日からまた新しい歩みへ

2015/05/17
ありがとうございました。

深夜です。展覧会の後のホッとできる
こういう時間がすごく好きで
自分ではご褒美の時間だといつもおもいます。
きちんと綴りましょう。


モタモの神様、おはようございます^^。
51615001.jpg
今日も一日宜しくお願いします。

それは開店当初からですが
こんなわかりにくい場所にお店を構え
今は、さらに輪をかけて
不定期営業で、しかも営業日数も少ないという
モタモはすごく秘密な感じのお店です。
歩みはもうすぐ20年。
いろんな時期を経てきました。

このたびの展覧会も
日程を合わせて、わざわざ足を運ぼうと
思って下さった方しかご来店されないわけです。
まず、通りすがりの偶然なお客様というのは
ありえないのです。

この、不定期な感じと秘密な感じ。
今の時期だからこその、もしかすると
すごく贅沢な時間をモタモは刻めているのかもしれません。
それか、私が元々、秘密めいたものに
惹かれる質なので、自分がそういうふうに
作り上げて来たのかもしれません。

このたびの展覧会では、そういうことをたくさん感じて考えました。



皆様それぞれの想いを届けて頂いた
お花やプレゼントです。いま、お花に囲まれて
幸せな空間でブログを綴っています。
51615002.jpg
51615003.jpg
51615004.jpg


いろいろ考えていました。
20年の区切りとは。。。
51615005.jpg
51615006.jpg
51615007.jpg
まだ少し迷っています。でも、進んでみると
必ず見えてくるでしょう。明日からでもとりかかろうと思っています。


今回の展覧会のメインモデルであり、親友が
松山から帰って来てくれました。
展覧会の最後のお客様でもありました。
51615008.jpg
二人して、楽しかったねって話しをしました。
もう、それだけで本当に充分だね。
彼女がモデル、私がモデルで、彼女が一番好きな写真を彼女にことずけました。
そして、母が一番好きと言っていた写真は
彼女と私から母へプレゼントしました。
良い物はいい!と見抜く力が、母も彼女も半端ない。
そのセンスに多くを助けられ、多くを納得させてもらえました。


夕方からは今宵は倉敷のさくらさんで
モタモ20周年記念のパーティです。
集まってくれた方と、楽しい時間をすごさせて
頂きました。さくらさんのお料理も器も盛りつけも
とっても楽しく美味しくて、大満足でした。
ウエルカムシャンパンも頂いて〜
瓶もコルクも持ち帰らせて下さりました。
51615009.jpg
516150010.jpg

516150011.jpg
516150012.jpg
516150013.jpg

パーティでもお花やプレゼントを頂いて
本当にありがとうございました。
516150014.jpg
516150015.jpg
516150016.jpg

区切りという変なプレッシャーから
何かサプライズな発表ぐらい用意できるよう
計画をずっと練っていたのですが
決断ができず、「皆様ありがとうございます、これからも
宜しくお願いします。」ぐらいの挨拶しかできませんでした。
加えて、言葉を綴ると迷いが出そうで
お手紙をつける事もできませんでした。

若い時に描いていた、モタモの20歳とは
少し形が違ったのですが、それは今の地点。
描いているものは、この先も歩み続ければ
いつか実現してゆくと信じたい。
そして、日々向上心をもって生きて行きたい。
まだまだ、まだまだお店も自分も磨いて磨いてゆこうとおもいます。

こうやってご都合をつけて集まって下さった方との
楽しい時間は、開店当初には想像もできなかった
ものでありました。お店にとっての宝物は
人と人との出逢いであり、繋がりです。

モタモは本当にたくさんの人に出逢ってきました。
いろんな方との交流を経て、それでもずっと
側にいてくれた方、その笑顔が今日は集っていました。
家族も同様です。家族だから当然だと思ってはいけません。
きっと多くの心配をかけて、見えない所ででも
応援をずっとしてくれていたことに感謝しなくてはいけないのです。
あれ???深夜はやっぱりやばいなぁ。
文章が妙に熱いし、すぐ涙が出そうになります。

そろそろ、終いにしましょうかね。
「3940」へ足をお運び頂いた皆様
見守って下さった皆様本当にありがとうございました。
ノートに想いを綴って下さった方
本当にありがとうございます。
発信したものを受け取ってくださった皆様へお礼を申し上げます。

そして、いつもブログにおつきあい下さりありがとうございます。
スポンサーサイト



comment (0) @ 日々のつぶやき
パピヨンのお庭へ♪ | モタモ20周年記念企画展覧会

comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する