FC2ブログ

山本じんさん

2015/07/14
ずっと以前から心にいた人、
山本じんさんにやっと今日お逢いできました。
展覧会情報をシェアして下さった智里さんに感謝!

じんさんは岡山の出身の方なので
ひょんな繋がり(姉の)から、お噂はよくお聞きしていたり
作品はいろいろなギャラリーなどで
お目にかかっていました。
(以前にもブログで綴った事があるから
覚えて下さってるかな?)

じんさんが下さった名刺代わりのお葉書。
71415009.jpg

いつかはお逢いできるだろう。。。
そう思ってからも、なかなかお逢いできず
かなりの年月が過ぎていました。

今日お伺いした、恵比寿のギャラリー「Malle」さんでの
展覧会は、2013年7月に天に昇ったじんさんの奥様、
山本裕子さんの本の完成記念と、今までの作品との展覧会でした。
「光」がね、偶然じゃなくだとおもうんです。
すごく綺麗に写り込んでいるでしょう。
71415001.jpg
71415002.jpg
71415003.jpg


それがですね、山本裕子さんの作品も
私の心に留っていて、まさかお二人がご夫婦だと
知ったのは、随分あとになってからでした。
不思議でしょ。


「Malle」さんへの道中もなんだか不思議な道を辿る感じがあって
台風の強風の中をギャラリーを目指して
今日は探検にでかけた、、、というそんなかんじです。


じんさんは、すごく優しく紳士な方でした。
とっても素敵な方です、とは綴りたくありません。
出逢ったその日に、素敵素敵と連発するような感じが
私はウソっぽい気がするからです。
出逢いなのです、これは間違いなく。
じんさんが素敵な方だと感じるのは、きっと間違いなくその通りですが
そんな安っぽい表現を使いたくない、
作品を観ればわかりますし、感じる事がきっと必ずあるでしょう。
そしてお逢いすれば、そこに「本物」がいらっしゃる、
「本物」とはこういうことだと、きっと感じる事でしょう。


幸運にも、ギャラリーのご配慮で出して下さった
お茶を一緒に飲める時間がありました。
急ぐでもなく、サービスだからというのでもなく
当たり前に人には優しく接する様にしてくれて
そして、心に留まる会話ができました。
じんさんありがとうございます。

今回出版された「ヴィクトリアンのお針子」は
もちろん求めました。
71415004.jpg

そして、感じるままに求めたもう一冊の本のような?
レプリカ作品集も〜
どちらもごめんなさいね、中はお見せできません。。。
71415006.jpg
71415007.jpg


ただ、裏だけどうしても。。。
71415008.jpg
素敵な番号が私の所に来てくれました^^。


こちらも、何かわからず惹かれるままに求めました。
71415005.jpg
来週からは展示が入れ替わり、第二弾が始まります。
今度はお人形がたくさん並ぶそうです。
また来週〜恵比寿にいきます。
http://mag.camp-fire.jp/8345/


ギャラリーの側にかわいいお店がありました。
お気軽にどうぞ♪と書かれていたので
中に呼ばれる様に入りました^^。
呼ばれていたんですね。
(お店の本来のメインは補正下着のお店です)
714150012.jpg

フランスのCotelacというブランドの服が
とってもかわいくて〜懐かしいかんじで
私を呼んでいたようです。
他にも服があるのに、私がてにとるのは
全部Cotelac笑。


なんだろ、この懐かしさ。サイズ感までおあつらえ?!ていうぐらい
ジャストフィット。
写真ではよくわからないとおもうんですが〜
母がみれば、あぁ〜りからしい!って
きっとわかってくれるかな?
最近のリカというより、昔からのリカってかんじ(笑)
714150010.jpg
714150011.jpg
フランス製なのに、日本の和柄っぽさというかなんていうか〜
懐かしくてキュンときちゃうそんなかんじ。


いろんな出逢いが幸せを与えてくれて
裕子さんの手仕事の素晴らしい
実際の作品に感動して、今日も心が動きに動いた
楽しい楽しい一日でした。ありがとうございました。
スポンサーサイト



comment (0) @ 日々のつぶやき