FC2ブログ

ターシャテューダー展 松屋銀座

2015/03/30
ターシャテューダー展に
行って来ました(松屋銀座)。


日本初公開のターシャのドールハウスを
みれました。エマ、逢えたね‼

ターシャのドールハウスは1/4サイズなので
かなり大きい!大きさが邪魔をして
愛らしさは正直ないのですが
本で見ていた物がみれてうれしかったです。

あのヤギさんも、たくさんの原画も
素晴らしかった。操り人形は生きているようでした。
※母にリクエストして作ってもらったヤギは明日のブログにて~🎵

最後のコーナーのみ撮影可能でした。








平日の月曜日にもかかわらず
かなりのお客様がいらしていました。
展覧会後のグッヅ売り場もすごくにぎわっていて
ターシャのイラストのオリジナル雑貨もたくさん。
買い求めている人もたくさん!!

私の子供の頃に抱いた最初の夢は「絵本作家になること」です。
あまりに有名なイギリスの絵本作家
ピーターラビットのビアトリクスポターは
その多大な印税で湖水地方の広大な土地を買い求め
自然を守る団体、ナショナルトラストに寄付した事を
中学生の時に知り、深く感動したのを覚えています。
人の心を癒せるもので、自分の死後も人の役にさらにたてる事ができる。
戦争を無くすとか、難病を治すなんて事は私にはできなくても
ポターの様な生き方は目指す事ができるのかもしれないと・・・

ターシャの展覧会でいろんな角度から
感じ取れる事がまた多々あり、
何よりそれがよかったなぁとおもえました。
ターシャが残している数々の「言葉」もすっと心にはいってきました。


まだ期間があります。
お近くの方はぜひ~っ
スポンサーサイト



comment (0) @ おすすめ