FC2ブログ

ドットが旅立ちました

2013/08/25
今朝、ちょうど岡山に帰っている主人が
十姉妹のドットの様子がおかしいと、フェイスタイムで
最期を会わせてくれました。そのあとすぐに
ドットは旅立ちました。
画像は元気な頃のドットとコムです。


コキン鳥を飼い始めて、コキン鳥が卵を産んだ頃
十姉妹はお迎えしました。コキン鳥は卵を抱かないし
子育て出来ないので十姉妹にゆだねる事が多いそうです。
当時は、コキン鳥も十姉妹もつがいで飼っていましたが
それぞれの片方が、すでに旅立っていました。
残ったかたわれ同士の生活は、3年ぐらい続いていました。
種類が違うけど、冬は体を寄せ合って眠り
とても仲良くしていました。

小鳥って、飼い主の顔さえ覚えられないそうですが
ドットが今朝旅立ったとき、コキン鳥も
床に降りて心配していたそうなんです。

結局、最後の一羽になってしまった、コキン鳥のタクト。
スタンダードな羽色で、それは美しい男の子で
この子はいままで一度も病気になっていません。
他のコキンは、人間が作り出した羽色が色変わりのためか、生命力が弱く
何度も病院へ行ったりしましたが、長生きできませんでした。
そんなタクトも、コキン鳥の平均寿命の5年をとっくに
越えています。一日でも長く、元気に生きて欲しいなと思います。


スポンサーサイト



comment (0) @ 胡錦鳥