FC2ブログ

育てる服

2012/11/19
まだ秋の初めの頃交わした
大切な約束の日。
今日は、ご縁をおつなぎさせて頂く大切な日でした。

キャピタルのNさん。
母が米戸さんから頂いた服を目に留めてくれて
それがきっかけで、米戸さんのお家へ
刺し子の作品(服など)を見せてもらいに
伺いましょうと、約束していました。
Nさん、約束通りにきてくれたね。

そして自宅とモタモを案内して
米戸浄子さんのお家へ向かいました。

キャピタルのNさんは、本当に
服と古布が大好きなのね~
米戸さんの和ダンスから出てくるでてくる
数々の刺し子のお洋服を
本当に目を輝かせてご覧になっていました。

いったい、、、何着の作品(お洋服)があったかしら???
そしてもちろん、私達も!!
米戸さんとはもう20年以上のおつきあいですが
そうはいっても、こんなにじっくり
作品を見せて頂くのは今日が初です。


これはね、ワンピースをコートに作り直したの。
これはね、丈が長いワンピースをカットして
その残り布でポケットにして・・・
これはね、刺し子を新たにさしたのよ。

刺し子を始められて30年の月日のうち
いらなくなった服はきっと一着もない。
気分や用途がかわれば、また手を加えて新たに
服を育てて行く。私には服を育てているとしか
おもえなかった。その素晴らしさ!!!


合間には、着てみて~と、うん!着てみる~の
プチファッションショーも(笑)。
Nさんも、ささっと着こなすセンスの良さ☆


着てみると、その服のかっこよさに
あまりに魅了されて、ちょっと軽く目眩がするほど
悩殺状態だった。

↓この画像は、キャピタルのジャケットの裏地。
これをみれば、私達が感じる、米戸さんの世界と
キャピタルの世界がいかに通じるものか
おわかり頂けると思う。


↓こちらの刺し子、タペストリーは
全部デザインが異なり、しかも
数えていないのに最後にはぴたり100枚!!になったというもの。
大作です。でも、大作もいくつもいくつもあるのです。


用意してくださったお茶も、心のこもった
あたたかいテーブル。


お昼に連れて行ってくださった「およべ」さんも
15年前にご縁があった特別な場所、およべさんの自宅でした。


偶然の出逢いは必然としてとらえ、
出逢いを育んでいくことが
豊かな人生を築いていくとおもいます。
かわいい!とか、価値観が同じ人との出逢い、
そう簡単にあるものではありません。
だからこそご縁を大切に繋いでゆきましょう。
プラスとプラスはいくつものプラスをまた
うみだしてゆくのです。

スポンサーサイト



comment (0) @ 日々のつぶやき