FC2ブログ

友達

2012/11/06
今日のブログ、どうしよ、ちょっと
本当に困ったな。。。と思った頃、
母のブログが更新された。

母のブログを読んで、今日書くことが必然と決まった。

「友達」についてかいてみる。
今年の秋は深く深く「友達」について想う日が続いた。

友達が多いかと聞かれれば、
いままでの私なら、決して多くはないと答えるだろう。
モタモで出逢ったお客さんを
友達と呼ぶのさえ、厚かましい気がして
いつも(いまでも)実は遠慮がある。
確かこの春だったと記憶するが
母が本気で私を想い、かけてくれた言葉があった。
その言葉は的を得てはいたけど
受け入れるタイミングがまだその時はきていなかった。

私がモタモをはじめた理由は数々あるけど
今ならこれが一番の理由だと照れずに言える。
今日なら言える。
「私はモタモを通じて友達を作りたかった。」もうこれがやっぱり一番の理由!!
過去の経験から、人を好きになりすぎないようにと、
過剰に意識してそうしてきた自分がいる。
そのハードルは、ちょっと言葉で説明できないぐらい
私にとっては人生のハードルとなっている。

そんな私がこの秋を境に、なにかほんと
ひとつの殻をやぶったように気持ちの
もちようが変わった。本来の自分らしく生きて行こうと思う様になった。
誤解がうまれれば、ちゃんと話し合えばいいし、
おかしいとおもうことは納得いくまで向き合う。
時には嫌われてもいい、結果が相手の為になるなら
手を挙げてでも友達の為なら犠牲になれる。

30も歳が違う母がいまやっと
「この地点」ならば、いまこの地点の私は
ラッキーだ。

これからだって、ペットや、人形、石ころだって
立派な私の友達であることには変わりない。
今は亡きあの方も、いつもいつまでも友達だよ。
でも、周りにいてくれる方をひとりひとり大切に
していきたいんだ。
まわりの人をひとつでも多く笑顔にしたい。
何より大切な友達だから。。。


画像の子は、左をお迎えしたとき
右の子はお迎えせず帰りました。
しかし、随分月日が流れたのに
また右の子を見つけてしまい
今度こそは「またふたりだね」と心でつぶやき
家へ連れて帰りました。


スポンサーサイト



comment (4) @ 日々のつぶやき