FC2ブログ

シュン君

2012/10/02
ララより2歳年上のシュン君。
Sさんの家のお庭にいるのを知って
数回勝手に会いにいったことがある。
実はこのたびの帰省でも一度
シュン君いないかな~と
家の前をとおりかかってみた。
その時はシュン君は家の中にいたのかな?
見かけることができないのに
車の中から、シュン君~っていいながら
何度も手を振ってかえった。

シュン君は日曜日に天国へ旅立ちました。
いまおもうと、満月の中秋の名月の日。

今日知らせをきいて、いてもたってもいられず
すぐにでも岡山へ帰ろうとした。
そして母にとめられた。
「りかちゃんがそうしたいきもちはよくわかるけど
そうすることでSさんが余計に負担におもうよ。」
・・・・・・・その通りだろう、きっと・・・・
苦渋の決断で姉に電話して
母と一緒に気持ちを届けてもらうようお願いした。

シュン君はとてもいい顔をして
眠っているようだったという。
傷みもや苦しむことも無く旅立ったという。

シュン君がいてくれて、Sさんと
ぐっと仲良しになれた。
東京の生活が一年で終わる予定だった頃は
シュン君とララを結婚させる夢も追っていた。
事情がかわり、こうして月日は確実に
流れていることが怖くなった。

犬は人間よりはるかに寿命が短いにかかわらず
一生涯同じ飼い主に飼われることさえ、実は
%にするととても低い。それだけでとってみても
シュン君はとっても愛されて、幸せだったとおもう。
しかし、飼い主にとってはいつも側にいた温もりが
失われる寂しさは計り知れない。
いつでもララにあいに来てね。
元気出してね。
そんなことしか言葉が見つからない。

そしてTちゃん、シュン君と離れた生活で
いつもシュン君のことを思っていたことでしょう。
シュン君はそのことちゃんとわかっているよ。
元気出してね。ご家族の皆様、どうぞ
元気出して下さいね。。。。。


画像は以前にもアップしたものです。
ララがまだ小さい時にシュン君が遊びにきてくれた。
いつか一緒にドッグランへいこうねといったまま。。。
どこか遠慮したり、きをつかいすぎて現実化できなかったことをとても悔やむよ。
これからは具体化してけるよう努めるよ。
シュン君ありがとう。シュン君はとてもおりこうで
とてもかわいくて大好きだったよ。これからもずっと忘れないからね。
いつか、そちらへララもいくよ。
その時まで待っていてね。

スポンサーサイト



comment (4) @ バーニーズマウンテンドッグ/ララ