FC2ブログ

もてなす悦び展

2011/08/02
三菱一号館美術館で開催中の
「もてなす悦び展」へいってきました~。

ここの美術館&ブリックスクエアは
都心の中でも異空間で、とても素敵。

ブリックスクエアを上からみると
素晴らしい植栽のバランスがみてとれます。

(変な話、これほどお高いパークもありません)
美術館自体の建物も素晴らしいし、
展示をみてまわると、展示スペースは迷路のようですが
素敵な一人時間を過ごすことが出来ます。
鑑賞されている方も女性のお一人様~が多く
みんなすごくおしゃれをされています。

企画のネーミングやコンセプトはこれ以上無いぐらい
毎回素晴らしいのですが、なんだろう?
辛口になってしまうのですが、
なぜか物足りなさを毎回感じてしまいます。
今回のジャポニスムの素晴らしさが表現されていなかったとは
思えませんが、ぐっとくる何かが足りない。
いいのかわるいのかですが、その反面
そういえば展覧会をみたあとの独特の疲れみたいなのも
ないかもしれません。
さらさらと、散歩のついでに見て行く展覧会な感じ?

ジャポニスムは、いかに無駄が無く潔く完成されたデザインの世界です。
私が思うに、こういうアンティークや美術品は
美術館よりも、街の中にてもっと良い物を
見ることが出来ます。海外のアンティーク市でもそうですが
日本には海外のアンティークの一番いいところが
入ってきて現存しているので
日本でも容易にもっといいものが見れるとおもいます。
街にある、それらのほうが、グツトくるし
予算が合えば買うことも出来るので一石二鳥。
見れるのも楽しいけど、やっぱり買えるかも~って
いうこともすごく重要(笑)。
スポンサーサイト



comment (0) @ 日々のつぶやき