FC2ブログ

骨董物語

2010/08/03
桐島洋子さんコレクションの
骨董物語へ行ってきました。

アンティークといえば西洋のイメージ。
骨董と言うと、日本や中国、アジアのものという
イメージになります。

それにしても、アンティークは本当に奥深い。
いろんな方のコレクションんをみてきてけど
そのテイストとか好きの世界観は
みんな違っていて、普段の自分なら
目に留めないようなアンティークや骨董を
見ることが出来る。
アンティークは集めて楽しいものだし
見て楽しいものでもあり、そのものが
歴史や文化を教えてくれるものだったりもする。
アンティークに惹かれるのは、ただの物欲とか
ではない。私は感性の響きからくる衝動的な欲情ではないかと思う。

たとえ、欲しいと思わなくてもどんなジャンルや時代の
アンティークにも興味がある。このことは
私の人生においての日々味わえる貴重な財産だと思う。
アンティークという存在だけで
いくつも楽しむ機会を与えてもらってきたし
これからもそうだと思うとうれしい。


スポンサーサイト



comment (0) @ 日々のつぶやき