FC2ブログ

あちゃちゅむ

2010/04/04
今日は私もお花見へ。
人波に身を任せて歩く歩く~~
ピアノも抱っこして連れていきました。
「桜」って本当に素晴らしい。
桜をみるだけで、新しい気持ちや意欲がわいてくる。

帰宅すると、念願のものが到着していました~
(販売を教えてくれたkちゃん、私の元にも届きました!!)
発売日が2日遅れたのを知らず、発売日2日後にゲットなり。

ムチャチャとあちゃちゅむの本とふろくのバッグ。


このバッグ、なんでこんなに大きいのにしたのか?
と思っていましたが、到着して納得。
このテキスタイルの柄の大きさなら
小さいと柄が出ませんね。

しかし、本のおまけだから
バッグにこだわるのでしょうか?個人的には
ショールとか大判のスカーフなんかでも
このテキスタイルなら嬉しい♪です。


さてさて、ムチャチャのエピソードなら
すごくたくさんありすぎます。
ここから長いよ~~~

ムチャチャとの出逢いは姪っ子の出産祝いから始まりました。
お祝いに選んだものがかわいくてかわいくて
お祝いにあげるまで、しばらくの間ワクワクして
ドキドキして仕方が無かったです。
その時だけですね、唯一人生で子供に戻りたいと思ったのは。
なぜかというと、ムチャチャに大人用があるのを
まだしらなかったからです。しばらくして
すぐに大人用があることを知ってからは
それはもう、熱いムチャチャとの日々がスタートしました(少しおおげさですかね)。
産後の姉に病室でお祝いをあげて
かわいかろ~~ムチャチャいうんよ~~と
熱く熱く語ったのを覚えています。

出産後、退院した姉と一番にでかけたのも
ムチャチャのお買い物だったとおもいます。
ふたりで一番よく買い物にいったのも
ムチャチャ。
とにかく販売数が少ないし、販売している店も少ない。
予約販売で完売とかが普通なので
いくらすきでもゲット出来ないものもある。
それでも好きで、サイズが自分にあわなくても
観賞用に持っておきたくて買ってしまったり、、、
今みたいに雑誌に取り上げられることも無かったし
まして今回の様な本が販売されるようになるとは
当時はおもってもいなかった。

とにかく姉妹して、「ムチャチャ病」だったとおもいます。
ムチャにムチャクチャ、ムチャチャ好きだった。
好きとなると激しいのでね(笑)。

とにかく、ムチャチャにかんするエピソードはありすぎて
レポートなんて300枚ぐらい書けちゃいます。

今回の本で13ページに、おばあちゃんが
ムチャチャを着こなしているのがあります。
それをみて、あーこういうことだー。
このブランドに夢中になったのは
ここに理由があった!!とおもいました。
子供服ブランドすたーとなのに、おばあちゃんまで
いけるこのブランドのもつ空気感。奥が深い。
そして、単純に愛しい。

ちなみにこの本は通常より販売数が少ないらしいので
お早めにゲット☆お薦めします~。
私ももう一冊、いや何冊でも欲しい。。。(笑)。
スポンサーサイト



comment (2) @ 日々のつぶやき