FC2ブログ

「秘密の店のアリス展/ナリキリアリスの気分でいらして」

2010/03/02
皆様こんにちは!!

「秘密の店のアリス展/ナリキリアリスの気分でいらして」
には、初日にはたくさんの方にお越し頂きまして
本当にありがとうございました。
いろいろと忙しい時期を、ご都合つけて
下さった方が多く、しかも。。。モタモのお客様は
ご遠方の他県の方が大半。。。本当に
いつもいつもありがとうございます!!の
気持ちでいっぱいです。

2日目は、雨とオリンピックでお店も暇。。。
私も思いもよらず、花粉症か??すごい体調不良でした。
最終日もお客様は少なかったので
初日にゆっくりご覧頂けなかった方に
ぜひもう一度!!ご来店ください~~と
心の中で念じておりました。
このたびの「秘密の店のアリス展/ナリキリアリスの気分でいらして」
展覧会では、自分でも気がつかないほど
意気込みがあったようです。
そのぶん、開催中も楽しい時間で
開催出来た喜びをすごくすごく感じました。

やっと画像と併せて、展覧会の様子を
ご紹介していけます。宜しくおつきあいください。

まず、アリスというと、やはりティパーティということで
机の上をモタモ的、アリス気分で展開してみました。
実は机も(奥にうつっている大きな大きな鏡も)、
やっと今回届いたニューフェイス什器でした~

自分でも、いまいち自信の無かった
お顔花、おしやべりするアリスのお花ですが
展覧会作品では一番大人気☆☆☆
こういう作品を迎えて下さる、モタモのお客様の
感性に感激でした。

ぽぽ作のハンプティダンプティは
開催初日、一番にお嫁いき~~~
すごくよくできた、上物ハンプティダンプティでした♪
(いつも一番にありがとうございます)



コースターやカップやコップに気軽に
飾ることが出来るよう、小さな花束も販売。
こういうアイテムは本当に便利。テーブルを華やげてくれますし
キャビネットに飾っても素敵。

アンティークの瓶は、アリスが飲んだDRINK MEの瓶のイメージで
ディスプレィに追加。

こちらの画像に写っている、葉っぱはコースターです。
アリスのテーブルなら、こういうものがありそう~と制作。

お次は、ぽぽ作のクッション。
毎年一つ制作限定としているものです。
今回はアリスをテーマに。それはそれはかわいい
作品となりうまれてきました。






こちらは丸型タイプです。
画像になると、余計に一針一針の存在感やおもいが
つたわってくるようにおもいます。こちらは在庫あります。15750円です。


お次は、ぽぽ作の私のアリス。
お洋服は全て脱ぎきできて、しかも
ドロワーズをはいていて、お洋服もとびきりかわいく仕上がっていました。



↓この子はまだお嫁先未定 9800円です。


↓この子はまだお嫁先未定 9800円です。




みんなそろって、皆様をお待ちしていました。



アリスの栞。裏はアリスの後ろ姿です。

ここからは、身につけたり、持って歩くと
ナリキリアリスの気分になれるアイテム達。
かごバッグやリボンブローチなどです。
緑色に塗った壁の前で。

ゴージャスタッセルのみ欲しいなんて方も。。。(焦)


数々のレースや、リボン、アンティークのレース、布、ビーズなど。
たくさんの愛しい素材がコラージュされて
ひとつのかごバッグがうまれます。土台のかごも
すごく丈夫なので、末永く楽しんで頂けると願っています。
私も早速愛用中です~


お次はタッセル。とにかくタッセルに夢中。
お客様の中にも、タッセル好き~~な方をこのたび
発見。すごくうれしかったです。

三つ編みヒモとで制作した、私作のタッセルと組み合わせた
キーホルダー作品。


こちらは、ルームサシェ。
乙女な方のお部屋を彩ってほしいです。


お花リボン。モタモでしか販売してなさそうな(笑)
アイテムでしょ?でもこちらも大人気。
インテリアにさりげなくとりいれてみてね。


最後はゆきねえ、脱兎の作品。
今回もゆきねえらしく、手が込み込み作品。
子育て真っ最中で、思うように制作出来ず。。。
ゆっくりでいいから、またすてきな作品を生み出してね。
だって、実はこのレースを編み込んだ(レースは表も裏も)マフラーは
すぐに完売。また秋にはこのアイテムの新作希望です。

本人が巻き巻きしてみてくれました。
購入者の犯人は、、、、、ぽぽたん!!

今回ぽぽのニューヘアースタイルが大好評で
皆様にとにかくほめて頂きました。ぽぽたんも嬉しくて
若返ったみたい(笑)。

こんなブレスレット感覚をイメージした
アームウォーマーというべき?の作品もありました。


他にも細かな作品はありましたが
展覧会はこんな感じで行うことが出来ました。

ご覧頂いた皆様、作品をお迎え下さった皆様、
サイトにて、紹介して下さった皆様、
本当にありがとうございました。



スポンサーサイト



comment (4) @ 制作と作品への想い