FC2ブログ

しんちゃんの大工仕事

2009/04/15
今日もあっというまの一日でした。
外壁工事も進み、父はバオバブから帰り
大工仕事をしてくれました(あ、父は大工ではありません)。

モタモのテラス下の小屋に、アンティークの
ステンド窓を取り付けてもらいました。
小屋に使うので、思いっきり古くても構いません~
アンティークになればなるほど
珍しいガラスを使用しているんです♪

余談ですが、最近はステンド物が人気で
建材に使う方が多いのでちょっと書いておきます。
アンティークのステンド物を使う場合は、やはりコンディションが
かなりまちまちです。メンテナンスを終えて
販売している、しっかりとしたお店もあれば(通常それが普通)
なんのメンテナンスもしないし、
アフターケアーも一切ないまま販売している店もあります。
以前、お店で売ってるからと疑いもせず購入して
(今までそういうイヤな経験をしていなかったので)
車に乗せて持った帰っただけなのに、ガラスは外れて
しかもお店はどんな対応もない、もちろん返品も不可という
とてもイヤで、つらい経験をしました。
これははっきり言って、事故で言う当て逃げ、
店で言うなら売り逃げです。

その時は、メンテナンスの救世主(ビスコンテさん)にお世話になり
修理の甲斐あって、モタモのテラスに使うことができました。
しかし、買い物をした側としてはとても残念で、しかもアンティーク屋の店主として
なんでコンディションを疑わなかったのか・・情けない想いをしました。
こういう店に出逢うと同じアンティークを扱う者として恥ずかしくおもいますね・・・
これから、アンティークの建材を使おうと計画中の方は
ぜひコンディションに気を付けてください。
木枠はできるだけ、直角のでているものを選び
木枠をそのまま使うなら、木枠の朽ちが少ない物。
大きいサイズの物は横から見て、ガラスが湾曲していないか確認してください。
そして、できればメンテナンス可能なお店を選ぶことをお勧めします。
話がそれました。

両親と私とで三人で窓の取り付け方法を
あれこれ考えて、よい案もでてきました。
我が家は昔から、家族でよくこういうことを
行ってきましたが、最近またやっとこういう時間が
とれることが何より嬉しくおもいました。
私もお手伝いしながら、想い描くものが出来上がっていくのは
本当にたのしいものです。




本当なら、窓から取り付けますが
窓との出逢いがおくれたので
窓枠をくり抜いて取り付ける方法に。
ガラスが割れてはいけないので、慎重に~

小屋の中からみると、と~~っても美しいガラスです。
今回、ステンド窓は4マイ使用予定です。
古い物ほど、窓枠自体がもともとゆがんでいたりして
取り付けには苦労しました。

スポンサーサイト



comment (2) @ インテリア・ガーデニング