FC2ブログ

箱2

2008/08/13
この「箱」(というよりケースかな?)も
フランスの物。記念すべきはじめての
買い付けで買ってきた!
これも13年間モタモにいました。
(すいません・・こちらも自宅へ持ち帰りました)
きっと、だ~れもその存在に気が付かず・・・
私、でもこういうのが好きなんです。
うすピンクの外面。
開けると黒い文字。
そしてシルクかサテンかの布が
なんともいえず色っぽい。
こんなものひとつでいろいろと空想できる。
精一杯オシャレをしようとする
ふんわりとした女の子が脳裏に浮かんできます。

大切な大切なアクセサリーを
ディスプレィケースにただ飾るんじゃなくて
小物とのバランスで並べると
インテリアはグッとよくなります。

そうそう、アンティークジュエリーは
蚤の市でよくみかけますが
その多くに「箱つき」をみかけます。
私はジュエリーより、ついそちらの
色っぽさに惹かれてしまうんです。
六角形だったり、別珍を中面に
使っていたり、いちいち「留め金」がかわいかったりするのよね~~♪




アンティーク道楽で最後にたどり着くのは
「紙物」と言われた方がいました。
陶器・ホーロー・真鍮・ブリキ・布・紙・・・
確かに重い物から順に価値は認められているような?

でも私はアンティーク病だから
どれも省けず、どれも等しく惹かれます。

スポンサーサイト



comment (0) @ インテリア・ガーデニング

2008/08/13
ペット話ばかり飽きたところで?
インテリア話で~す。

私、「箱」大好きです!
この箱は、フランスのアンティーク。
四角と丸は別々の買い付けで
出逢いました。こういう紙の質感とか
「グッ!!」とくるんです。

最近モタモで販売されていましたね・・
ご存じの方もいらっしゃるかな?
でもごめんなさい。やっぱり自宅へ
連れて帰りました。

お店の雰囲気作りの為に
勝手に店主がこだわってお店に並べる物って
あるんです。こういう「箱」の類は
まさしくそれです。でも・・・消して
お嫁には行きません。
そういうところが店主とお客様との
価値観が、ものすごくずれている所です。
でもそういう部分はどのお店にも必ずあるはずです。

で・・時々いきていると
どうしようもなく落ち込んだり、悲しかったり
する日ってありますよね。
そう言う日はやばいんです。
モタモから自宅へ「何か」を
つい持ち帰ってしまいます。
「やっぱり私の元にいてね☆」と。



comment (0) @ インテリア・ガーデニング

僕もいます

2008/08/13
僕も「涼」に一役?
逆行で僕自慢のブルーがみえず
シルエットのみ!ぎゃ~~



僕は一度、寒さで死んでいた(死にかけていた)のを
お湯をいれてもらって
生き返った。(その後は飼い主がヒーターかってくれた)
まだまだたくましく生きるぜい!
comment (0) @ 日々のつぶやき

あ~~あちぃ~

2008/08/13
いつか撮ろうと思っていた
小鳥の「バスタイム」ショット!!
今日おもいがけずチャンス到来。

とっても気持ちよさそうに
ジャブジャブするんです。かわいい~~




所で、胡錦鳥の卵。
もう2週間を経過してます。
今回は無理と諦めて取り出さないと・・・
comment (0) @ 胡錦鳥

NEWアイロン

2008/08/13
制作の道具というのは
結構な頻度でこわれる。
アイロンも例外ではない。

電気屋にならぶアイロンは
なんとなくあじけがない。
今回はネットで購入。
他のメーカーのを買うつもりが
なぜか急遽これに決めた。
昔から家にありました。的な、
古くさくて「私はアイロンです。」
といわんんばかりのシンプルな存在感がいいかなと。


使ってみると、使い勝手もよく
(ネットで買ったのでそのへんは心配でした)
シワものびるのびる~~
ピアノちゃん、あんまり近づくと
鼻を「ジュッ!!」しますよ!?
comment (0) @ 制作と作品への想い

最近頂いたララと、もどき

2008/08/13
13周年のお祝いに頂いた~
小さな小さな「ララ」♪


こちらはBDプレに、ぽぽにもらった
ララもどき☆


そしてこちらは本物のララ。
家の中からそっと様子をみると
こんなかっこう!
ララは「乙女」失格です!

さ~ジャンジャン更新していきますよー
みんなついてきて~~

★卸ネット良品★
comment (0) @ バーニーズマウンテンドッグ/ララ

今週の店頭営業はお休みです

2008/08/13
今週の店頭営業は
お休みです。どうぞお気を付け下さい。

あまりの暑さです。
水分をしっかりとって
休める人はしっかり休んでください。
仕事よ・・という方、本当にお疲れさまです。
帰宅したらしっかり栄養をとってくださいね。

今後は、厳しい寒さの冬への備えも必要ですが
夏への備えも等しく必要と思います。

春に種をまいた、ひまわりも
暑さのためか成長しませんでした。
風船唐綿も・・春まき自体が×なんでしょう。
やはり種まきは秋に。きっと植物も
冬を堪え忍んでこそ、夏に対応できる。
comment (0) @ モタモについて