FC2ブログ

絵付け完成しました^^♪

2018/09/28
秋の空が美しい日に
部屋から上を見ると、鳩さんがいました。
うちは最上階なので、時々鳥の歩く音が聞こえます。
IMG_9694.jpg
この子うちのテラスにもよく遊びに来ている子かな?

この季節は本当に珈琲が美味しくて
温かい珈琲を淹れようって♪思うだけで
朝起きる時のエネルギーになります。
IMG_9739.jpg

9・26は亡き愛犬ピアノの誕生日でした。
家族用のような?ピアノ本、リボン本を作ることに。

写真データーの整理もしました。
IMG_9737.jpg
リボンは↓まだこんなに小さかった。
IMG_9734.jpg


ピアノと最期に過ごしたクリスマスに
一緒に買ったポインセチアが
今年はこんなに元気に生育してくれて。
葉っぱを赤くするために夜は光を遮断してやります。
IMG_9745.jpg

昨日はステンドグラスの絵付け体験も最終日。
シルバーステインの焼き付けも焼きあがっていました。
私の「ねらい」は、はたして・・・?
IMG_9747.jpg
この状態で見ると、家族でも私の作品を当てることはできませんでした(笑)

シルバーステインはねらい通りに
焼きついてくれていました。
すごくうれしい〜。
わ〜わ〜わ〜っと塗って、先生もびっくり笑ってらしたので(笑)

フランス式ケイム組は、アメリカ式より
難しかったですが、どうにか・・・こうにか・・・
仕上がりました!!
IMG_9753.jpg

うれしくて。
うれしくて。
うれしくて、早起きして、朝の光で撮影しました。
IMG_9795.jpg
IMG_9797.jpg
アンティーク感を感じられる
自分らしい作品になったかな?と思います。
何より、これだけうれしいと感じられることが
自分なのだな〜って改めて思いました。


お友達がロシアのチョコレートをくださりましたので
ロシアの作家さんドールと撮影して写真を送りました。
IMG_9778.jpg
するとロシアの作家さんの作風が好き〜だとおもってくれたようで
今度展覧会へ一緒に行くことに^^。

ガラス病は悪化する一方ですが
この際、症状を悪化に悪化させて
人生の宝を磨いて行きたいです。

スポンサーサイト
comment (0) @ 制作と作品への想い

ステンドグラスのスキルアップを決断

2018/09/23
9月ももうすぐ終わろうとしています。
思いの外、暑い9月でした。
色々なことが進む中、暑さが身にこたえました。
皆様はお元気でお過ごしですか?

春に取り掛かるつもりがついつい
いろんなことを言い訳に、、、
取り掛かりが半年遅れましたが
ステンドグラスの絵付けの体験にいきました。
制作に丸3日かかるので、今週には体験の作品も出来上がる予定。
IMG_9314.jpg
↓絵付けに使う道具です。メイドインフランスって刻印に
久しぶりに高揚感を感じる〜。やっぱりお道具物もただただ好き。
IMG_9465.jpg

簡単に説明すると、ステンドグラスも
2技法があって、ランプや小物を作るコパーテープ技法と、
教会などに見られるパネル窓のような
ケイム技法(鉛の桟)とに分かれます。
そしてそのケイム技法に用いられるのが絵付け。
絵付けとケイム技法のステンドグラスの歴史の方が
はるかに古くなります。
この2技法、私から言うと同じステンドグラスと
くくれないぐらい2つの技法は全く異なります。

今のお教室は、もうずいぶん前から辞めることを悩みながら
友達との距離が仲良くなれていたので、
なんとなくズルズルと続いていた感じでした。
いろんな・・・ことがありまして
10月でそのお教室は辞めることに。
というか、私はそのお教室からの卒業だととらえています。

この先は他のお教室に行くか行かないかもまだ
決めていませんが、不思議とステンドグラスへの熱意は
さらに高まっています。本当に大好きなの。

↓岡山の母の部屋の出窓のアンティークステンドグラス。
これがまさにケイム技法。
このステンドは我が家にきてからももう30年近いのでは??
IMG_9377.jpg

↓岡山の家のなんちゃってステンドグラス(笑)
窓に私がリキテックスで描きました。
12年が過ぎようとしていますが
意外に持ちが良いです。
IMG_9378.jpg

もう少しかたずけて撮影すればよかった・・・
東京のアトリエもまだまだ活用しきれていないです。
IMG_9418.jpg

お教室を、ぼんやり描いていた時期より
早くやめる決断になったので
それまでに終えたい制作が立て込んでます。
IMG_9422.jpg

教室に入ったばかりの頃、まさか自分がティファニーランプを
作るとは思っていなかったのですが
この「ルネッサンス」は作ってみたいな〜って
初心者ながら憧れていました。それから月日が経ち・・・
16インチのティファニーランプまで作りました。
結局このルネッサンスが教室最後の作品になります。
ガラスカットを進める中、
自分で自分の成長に気がつきました。
もうとっくに初心者は卒業して、あの頃の憧れが
サクサク作れるようになっていたことが
本当に嬉しく思いました。

先日「マツコの知らない世界」で
ステンドグラスがいろいろと紹介された中に
東京駅の京葉線の壁にも大きなステンドがあることが
紹介されていて、タイミングよく今日そこへ
行くことができました。
IMG_9643.jpg
IMG_9646.jpg



そういえば、観葉植物として育てていたパイナップルが
実をつけたのです♪
IMG_9356.jpg
IMG_9358.jpg
小さい小さいパイナップルが
可愛くて生意気でなんともいえない〜

最近、私はできるだけ手紙を書く機会を増やしています。
こちらの勝手なお手紙だから
返事など期待せず、お伝えしたい気持ちを大事にしたいので
お手紙を出します。
ちょっと色々と疲れて帰宅した時に
先日であった作家さんから
わざわざ封書でお手紙をちょうだいしていて
本当に嬉しかったです。お気持ちも〜タイミングも〜。
また迷惑省みず??お返事差し上げないと♪
IMG_9411.jpg


そしてそういえば世間は三連休ですね〜
私はひとりで久しぶりに近所の骨董市へ。
行くたびにその日の気分で欲しい物があればお買い物しますが
今日は萩焼の抹茶碗と、ピューターのマグ。
お抹茶碗の販売の方は
良さをわかってくれる方に売りたい!と
すごく喜んでくれました。
IMG_9654.jpg
ピューターのマグはよく行くお店で〜
父へのプレゼントには、買い付けで
かなり高価でこだわり抜いたアンティークをと
買い求めていましたが、自分の普段使いなら
これぐらいの物で十分満足。
かといってピューターだから♪安物ではないですしね^^。
どちらも良い出会いでした。
IMG_9655.jpg

そのそばのマルシェでも色々と
生産者と楽しいやりとりをしながらのお買い物。
ついつい両手に荷物がいっぱいに(笑)
↓おかわかめと、ハンダマに初めて出会いました!!
すーっごく美味しくてびっくり^^。
しかも超優良健康野菜ですって〜
IMG_9648.jpg

商品説明などがうれしいし、楽しいですね〜
IMG_9649.jpg
IMG_9650.jpg
IMG_9653.jpg
comment (0) @ 制作と作品への想い

刺子にとりかかる

2018/07/06
ずっと取りかかれず気になっていたことが。

6月12日は、光子さんの命日でした。
私が21歳の時の辛い辛いお別れでした。
光子さんは36歳という若さでした。
私は光子さんの歳をとっくに超えて
光子さんがどんどん歳下になっていくのですが
その感覚はさっかくのように実感がありません。
光子さんのことを忘れることは
ありません。ことあるごとに心の中で
話しかけているのです。

光子さんのお母さん、米戸浄子さんは
刺子の先生でもあります。

刺子を直接教えて頂いたことがないのですが
冊子を頂いていました。
これをみればできるよ♪と。

正直、見てもよくわかりません(笑)。
なので、手を動かします。
私はこういう時、本当にせっかちというか
まずやってみます。失敗してもいい。
失敗して学ぶつもりでもう進んでる。
少し前に購入していた藍染のショールと
藍色に染めている刺子糸で作ります。
IMG_7806_1.jpg

IMG_8285.jpg
IMG_8288.jpg
IMG_8290.jpg
まぁ・・・どうにかできたようです。
なんとなくわかった気もします。
でも、これでは30点。
まっすぐ刺すというのが、単純なはずの作業が本当に難しい。
でもそもそも美しく仕上げる気があまりない。
美しくできると味がない気がしてしまうのはなぜだろう。
昔からそうだ。しかも、コースターのような小さな物から取り掛からず
初めから大物にトライする自分に笑える。

ガラスでも縫い物でも「まっすぐ」を制する者は
もう全てができることと私は思います。
「まっすぐ」ほど難しいことはない。

IMG_8323.jpg
IMG_8324.jpg
IMG_8325.jpg
IMG_8326.jpg
IMG_8328.jpg


ゆっくりチクチクするつもりが
とりかかると、前に前に進みたくて
やっぱりついつい無理をして
ステンドで1日頑張った夜もチクチクして・・・
案の定酷い頭痛もしてきて(笑)
冷えピタ貼って、薬も飲んでチクチク。

ショールなので表も裏もないような仕様にしたいなと。
IMG_8319.jpg
まだ未完成です。
完成図もなくスタートするのも私らしいところです。
納得したところが完成なのも私らしい。
だからまだまだ未完成。

チクチクを見守るリボンちゃん。
最近おさげヘアーで昭和の子っぽい。
IMG_8320.jpg


↓ここからは米戸さんに頂いてる作品。
米戸さんの「文字」も本当に大好き。
温かい文字。
IMG_8333.jpg
IMG_8331.jpg
IMG_8330.jpg
IMG_8329.jpg
やっぱり線が揃っていて美しいですね!

ふと席を外した時に、すかさずリボンが
刺子糸をおもちゃにして、こんな状態に!!
IMG_8332.jpg
へへへ〜
IMG_8280.jpg

紫陽花も藍色のようなドライになりました。
美しい〜。
IMG_8258.jpg
comment (0) @ 制作と作品への想い

制作はコツコツと♪

2017/06/05
しばらくパソコンのバックアップで
ブログを更新できずにいました。
皆様お久しぶり?です!



ウェッジウッドのウイローパターンのアンティークカップと
日本の明治の印判皿でコーディネート。全く違和感無くむしろ
より粋だと感じるのは私だけ?
と〜っても今の気分♪
IMG_2603.jpg


こちらは有名なシャンパンをオリジナルのグラスで。。。
名前はすっかり忘れてる💦
IMG_2602.jpg


ステンドグラス教室でも黙々と制作。
次のガラスはこんな感じ。
IMG_2596.jpg


ミシンも久しぶりに踏んだり〜
家具にかけるショールのようなものです。
さっとかけると、家具の表情がガラッとかわります。
カーテンのように使ったり
クシュクシュとただそこに置いてみたり
色合いも淡く切なく説明がつかないようなもの。
そういうものが実はインテリアで活きている。
と、いうような作品をいまは作りたい。
IMG_2585.jpg
IMG_2583.jpg

パターンメーカーで
いろんなピアノやリボンのパターン。
IMG_2604.jpg
IMG_2605.jpg
IMG_2608.jpg
IMG_2609.jpg
IMG_2610.jpg
トートバッグとクッションをすぐにオーダーしました。
イギリスから届くそうです♪


リボンは本当に明るい子で
元気すぎて、しかもすばしっこくて手も焼きますが
キャラが面白くていっぱい元気をくれる。
リボン、ありがとうね。
IMG_2601.jpg

朝の日光浴、リボン大好きだね。
IMG_2620.jpg

comment (0) @ 制作と作品への想い

絵本「あみもの」

2017/04/28
以前、13年も前に・・・制作した絵本です「あみもの」。
ここに残しておきます。
読んでやってくださいね。
IMG_1923.jpg
IMG_1924.jpg
IMG_1925.jpg
IMG_1926.jpg
IMG_1927.jpg
IMG_1928.jpg
IMG_1929.jpg
IMG_1930.jpg
IMG_1931.jpg
comment (0) @ 制作と作品への想い

ステンドグラスの鏡

2016/04/08
朝、あれ?しんどい。。。とかんじた。


でも今日はステンドグラス教室の日です。
少しぐらいしんどくても
ちゃんと通わなければカリキュラムが進みません。
えい!と気合をいれて、マスクをしてでかけました。
家から歩けば、約18分です。

少し教室へ着くのが遅かったので
ちょうど私が到着した時
先生が心配して扉を開けてくれた時でした。
(時間はいつ行ってもいいのですよ)
ん?と思っていると今日は生徒さんが二人のみなんだとか。
いつも5〜6人はいるかな。

今日からまた新しい作品にとりかかります。
今日は完成品を持って帰れないでしょう。
しんどくなれば早く帰るつもりででも出てきました。

しばらくして、もう一人くる予定の生徒さんからの電話。
今日は来られなくなったと・・・
なんとなくそうなる気がしていました。


私も帰ったほうが先生は都合がいいかなぁ?
一応確認しましたが、そんなことないよ
こういうこともあるからとのお返事。
元気な日だったら、先生こういう日はランチでも
行きましょうか?なんて誘えたかもしれません(笑)
そんなことをしたら?早速、不真面目生徒ですね。

先生も手を動かしながら
私の進行具合に合わせて指導してくれています。
時間は本当にあっという間に過ぎて、
結局、4時間半ぐらいがんばりました。

今日は先生ともいろいろとお話もできて
そして作品も完成して、持ち帰ることができました🎵
ハンダ付けにも少し慣れたようです。
今日は鏡を作りました。
作品を持ち帰る日は、やはり心がウキウキします。
家に帰ってすぐに撮影してみました。
IMG_6308.jpg


ピアノはずっと調子が悪いけど
桜や春の花をみせてやりたいので
久しぶりに少しだけ散歩へいきました。
IMG_6313.jpg
IMG_6328.jpg
comment (0) @ 制作と作品への想い

蝋燭遊び

2015/10/16
さぁ!秋のモタモをどう彩ろうかな。
お店を小さくしたのには訳がある。
その時々の「旬」を、よりお伝えしやすくするため。
小さくしても、お店っていうのは以外にも大きく(笑)
魅せどころをつくるのは、店主のセンス次第かな?
IMG_3852.jpg
IMG_3853.jpg


ずっとやりたいことがありまして。。。
それは。。。

蝋燭遊び🎵
IMG_3854.jpg

モタモ20周年に頂いたお祝いのお花を
ドラフラワーにして東京へ帰ったまま気がかりでした。
そのお花たちをとじこめたくて。
今回一気にとりかかり制作することに。

イメージがあるだけ。なぜか、材料も道具もとりかかれるだけは
すぐに間に合うので(笑)
モタモでドアを開けて蝋を溶かしてゆく。
ものすごい本数の蝋が必要だった。
IMG_3856.jpg
色は変わるけど、形は美しいまま。

IMG_3859.jpg
蝋が固まるのを待ちきれない。
だんだんと白く変化していく様子を見れるのは
この場にいる自分だけ。
たのしい。

芯ありの物も作ってはみた。
どの蝋にも、好きな香りをつけた。
IMG_3869.jpg


こちらは高山の池のよう。
これが蝋に浸かっているものとは一見わからないだろう。
綺麗すぎて、見入る。
IMG_3865.jpg


思いつきで、蝋花も蝋葉も作ってみた。
fb用に、動画。誰もこれが蝋だとはわからなかっただろう。

IMG_3867.jpg
IMG_3870.jpg

久しぶりに岡山で制作をする時間がとれた。
楽しかったなと一日を振り返っていると
岡田昌也さんから連絡が届く。
もう描くことに取り掛かられているのだ。
今日の私も岡田さんに触発されて、こんなにも作ることが進んだ。

岡田昌也さんが送ってくださった絵の経過はこちら↓
(※まだ完成してはいません。無断転用はご遠慮ください)
IMG_3874.jpg
IMG_3875.jpg
IMG_3880.jpg
私は昔から、絵の途中経過をみるのも大好きです。
どの地点でも、その絵はその時の完成、とも言える。
そして油絵は、完成しててもいつまでも未完成。
いつだって描き足せる、描き直せるのですから。
そこが好きです。

comment (2) @ 制作と作品への想い

絵本「芽」

2015/05/27
読みにくいですが、2000年発行の
絵本「芽」をご覧ん下さい。


52715001.jpg
52715002.jpg
52715003.jpg
52715004.jpg
52715005.jpg

52715006.jpg
52715007.jpg
52715008.jpg
52715009.jpg
comment (0) @ 制作と作品への想い

絵本「もっくん」

2015/05/26
すっかりダウンしています。
読みにくいですが、2000年発行の
絵本「もっくん」をご覧下さい。

52615001.jpg
52615002.jpg
52615003.jpg
52615004.jpg
526150015.jpg
52615006.jpg
52615007.jpg
52615008.jpg
52615009.jpg
comment (0) @ 制作と作品への想い

額を求めて

2015/04/23
画材屋さんへ額を探しにいきました。
今回の展覧会で使う額は
コツコツと集めていた物と
モタモオリジナルで制作して頂いたものです。

お目当ての額は全然いいものがなくて
やっぱりこういう物もであった時に
コツコツと買い求めていないとだめだなぁと実感します。
ひとつの世界観を作り上げるのには
本当に時間がかかる。
こだわればどこまでもきりがないからです。

良い出逢いがないので
場所を移動して銀座の画材屋さんへ。
こちらも残念。。。良い額がありませんでした。

それでもよいお天気の中
少しお散歩気分で歩けて
気分もリフレッシュ。
あっという間にまた8キロほど
歩いているのでした。

額01
額02
額03
ついこの間まで桜だった目黒川もこの景色です。
額04
額05
comment (0) @ 制作と作品への想い